高齢者にやさしい家を建てたいなら注文住宅に確定

住みよさも向上しています

室内

地震で亡くなる最大の要因は住宅倒壊による圧死です。とくに過去に発生した巨大地震で命を落とした方の多くが、自宅で被災して逃げ遅れてしまったことが原因と分かっています。ひとたび巨大地震の見舞われるとほとんどの場合で身動きすら取れなくなります。ましてや家族を安全に避難させることは事実上不可能です。だからこそ日ごろからの地震への備えは大切と言われるのです。地震災害から身を守るのに何よりも大切なのは住宅倒壊を防ぐことです。最近では住宅を倒壊から護るための様々なテクノロジーが開発されています。最先端の耐震構造を取り入れたマイホームであれば、たとえ巨大地震に遭遇したとしても家族の安全や財産をしっかりと護ることができます。地震に強い家を建てるプランはトータルコンセプトで考えることが大切です。たとえば単純に縦揺れや横揺れに強い家を建てるのであればRC造りの平屋建てに免震構造を導入すればよいのですが、それでは間取りの自由度は大きく制限されることにくわえ住み心地も快適とは程遠いものとなってしまいます。また一方で快適性を重視した在来軸組み工法や枠組み壁工法は住みよさは確保できるものの、RC造りのような地震に強い家を期待することはできません。快適な生活を担保しつつ地震に強い家を建てるのであれば、それぞれの建築方法が持つ強みを巧みに組み合わせたプランを建てることが大切です。RC造りに快適性を組み込むなら軽量鉄骨造りがおすすめです。軽量鉄骨造りなら従来のRC造りの耐震性はそのままに、間取りの自由度を高めることができるほか開口部を広く設けて開放感のある住まい空間を実現できます。また木造マイホームを希望するなら、在来軸組み工法と枠組み壁工法を合わせた施工に耐震性を強化する補強材を組み合わせることで地震に強い家が建てられます。